バーチャルリアリティが次世代漫画を担うとき

日本が漫画大国であることは言うまでもないないことですし、世界中が日本と言えば漫画というくらい明白なことです。それはそうと、漫画を読む時にVR(バーチャルリアリティ)で楽しむ人はそうはいないはずです。主たる漫画読者である学生には特に高い買い物になるかもしれませんが、紙媒体や電子媒体では味わえない、特別な体験がVRを通してあなたを待っています!それでは、詳しく覗いて行くことにいたしましょう。 […]

初心者向けアニメ制作の道−どこから初めていくか

さて、今日は表題の通り、初心者向けにアニメ制作をしていきたいと考えている方に対して簡単なレクチャーをしていきたいと思っています。芸術の世界と同様にアニメで食べていくにはやはり茨の道です。今回のレクチャーを通してこの世界に興味を持っていただけることは、大変嬉しいですが、それより上を目指すのであれば、やはり忍耐や覚悟も必要と考えてください。今回は、割とラフに指南書を書いていくつもりです。 […]

漫画で描かれるギャンブルは必ずしも悪ではない

ギャンブルは「賭博」として日本でも昔から親しまれてきましたが、欧米文化が入ってきたことによりカジノやゲームの影響で「ギャンブル」としても認識されるようになりました。日本ではカジノは合法ではありませんが、ギャンブルをテーマにした漫画はこの数十年で増え続けています。元祖ギャンブル漫画として現在でも愛読されている「賭博黙示録カイジ」は、1996年に「週刊ヤングジャンプ」で連載を開始しています。同様に、日本で人気のギャンブル漫画の多くが、主人公がギャンブルを通して成長していく&成功していく過程を描いています。必ずしもギャンブルは悪役が担うものではなく、ギャンブラーの主人公・ギャンブルそのものが舞台となった漫画が受け入れられています。ここでは、そんなギャンブルをテーマにした魅力ある漫画を紹介します。 […]

2Dアニメと3Dアニメの比較&違い

日本だけでなく海外でもアニメ製作は盛んで、特にアニメの映画界進出は著しく、年間公開映画におけるアニメ映画の数は増加し続けています。ここでは、アニメを語る上で欠かせない、2Dアニメと3Dアニメの比較&違いをご紹介します。 […]

ウェブ漫画のお勧め作成方法&ツール

電子書籍専用のタブレットが登場した後、スマートフォンやタブレットで手軽に利用できる様々なアプリが急増しました。漫画も例外ではなく、現在もたくさんの無料漫画アプリや課金制漫画アプリがあります。これによって、より多くの人が書面ではなくデジタルで漫画を読む時代になりました。一方、SNSの普及によって、誰でも気軽にツイートやステータス、写真を公開するようになり、デジタル漫画やオリジナルイラストを投稿する人も増えました。ここでは、デジタル世界におけるウェブ漫画のお勧め作成方法とツールをご紹介します。 […]

分かりやすくアニメを3種類に分けてみた

アニメが大好きな人も、アニメはあまり見ない&見てこなかったという人も、お気に入りのアニメがいくつかあるはず。食わず嫌いなジャンル&テーマもあるでしょう。ここでは、そんなアニオタ&アニメ初心者でも分かるように、簡単にアニメの種類を思いつくままに3種類に分けてみました。あなたのアニメリストに新たな出会いや発見があれば幸いです! […]

注目すべき3作品のヒーローVS悪役の漫画

漫画を面白くさせる要素のひとつに、悪役の存在があります。魅力的な悪役は、その主役よりも人気が出ることも。例えば、大人気アメコミ&数多く実写映画化された「バッドマン」シリーズでは、印象的な悪役ジョーカーの生い立ちを描いたその名も「ジョーカー」が、アカデミー賞の主演男優賞を獲得するなど、大きく評価されています。もはやヒーローだけが注目や人気を集める時代は終わったとさえ言えます!ここでは、ヒーローVS悪役が際立つお勧めの漫画3作品をご紹介します。 […]

セル画アニメとデジタルコンピュータアニメのどちらが好み?

コンピューターやITの発達により、多くの産業が既存の技術から新しい技術を採用するにようになりました。この移行はカジノ業界でも大きな影響があり、現在のオンラインカジノが成立&世界中で大人気となっています。オンラインカジノの出現により、スポーツベッティングも競技会場に行くことなく、どこでもオンラインで賭けをすることができるようになりました。駅の改札で駅員さんに切符を切ってもらう、スーパーでスタッフがレジに直接金額を入力する、銀行の窓口に行って預金を下ろす・・など、今ではレトロと思われるクラシックな形式から、自動改札やセルフレジ、ATMの登場など、私たちの生活はコンピューター&IT技術の発展によって大きくシフトしました。ここでは、コンピューターによってアニメがどのように変化したかをご紹介します。 […]