コンピューターやITの発達により、多くの産業が既存の技術から新しい技術を採用するにようになりました。この移行はカジノ業界でも大きな影響があり、現在のオンラインカジノが成立&世界中で大人気となっています。オンラインカジノの出現により、スポーツベッティングも競技会場に行くことなく、どこでもオンラインで賭けをすることができるようになりました。駅の改札で駅員さんに切符を切ってもらう、スーパーでスタッフがレジに直接金額を入力する、銀行の窓口に行って預金を下ろす・・など、今ではレトロと思われるクラシックな形式から、自動改札やセルフレジ、ATMの登場など、私たちの生活はコンピューター&IT技術の発展によって大きくシフトしました。ここでは、コンピューターによってアニメがどのように変化したかをご紹介します。

裏から1枚ずつ塗るのが特徴的なセル画でのアニメ製作

1941年から使用が開始されたセル画によるアニメ作成は、セル(透明シート)に背景を描いて、動きのある個所のみ随時重ねて変更を加えていく日本で多くのアニメが採用した手法です。アメリカ発のセル画は、日本では富士フイルムが独自に開発した「フジタック」ブランドのトリアセチルセルロース(通称TACが1950年代より主流となりました。製作工程は、まず紙に描かれた動画をセルに転写するトレース(ハンドトレースから後にマシントレースに移行)、そしてアニメカラーと呼ばれるアニメ専用塗料をセル画の裏から塗っていく彩色作業で仕上げます。セル画は洗って3回を限度に再利用されていました。1990年代初めまでは、このセル画でのアニメ作成がメインで行われていたため、「ジャングル大帝」「ひみつのアッコちゃん」など、80年代や70年代のアニメは全編セル画で構成されています。

2DGCと3DCGへのゆるやかなデジタル移行

セル画からデジタル化への移行は、割とゆるやかに始まり、現在ではセル画でのアニメ製作は行われていないと言ってもいいでしょう。最初に全編デジタル彩色でのアニメ製作が行われたのは、1997年4月放送分以降の「ゲゲゲの鬼太郎」などです。一方、世界中でも大人気の「ポケットモンスター」は放送開始の最初の5年間はセル画、その後デジタル化されました。長編アニメーション映画では、1997年公開の「もののけ姫」3DCGを採用しています。デジタルアニメーションには、この3DCG3次元コンピュータグラフィックス)2DCG2次元コンピュータグラフィックス)があり、2DCGはセル画での工程をデジタル移行したもので、仕上げ(トレース)をコンピュータ上でデジタル彩色する場合が多いのが特徴です。

お気に入りアニメのセル画を入手

データ管理できるデジタルアニメと異なり、セル画アニメはセル画そのものがないと放送できません。1コマに数枚のセル画が存在しているので、アニメ製作会社にとってセル画は知的財産でもありますが、溜まっていく行き場のないフィルムでもあります。そこで、アニメ専門店の「アニメージュ」などがアニメファンに向けてセル画を販売し始めました。当時(90年代)は下書きが1枚200円から300円くらいだったそうですが、貴重なシーンや需要の高いアニメ作品のセル画だと何十万もする場合も。トレードオンライン販売も始まり、現在もその取引は人気です。セル画専門点の「アニメワールドスター」は、販売に限らず人気セル画の展示も行っています。デジタルと違って実物を保存できるのがセル画アニメのいいところですね。