多くのアニメは、元になる漫画作品があって成立しています。現在ではオンラインギャンブルアプリでギャンブルできる環境を反映して、ギャンブルをテーマにした漫画アニメ化されています。アニメはアニメファンだけのものではなく、様々なジャンルのファンにも親しまれるエンターテイメントになりました。ここでは、そんなアニメと繋がりの強い漫画との間に生まれた面白い事実をご紹介します。

漫画とアニメでエンディングが違う作品

アニメの方が放送時間と期間が限られているので、スポンサー企業や放送局の予算の関係上、漫画よりも早い段階でクライマックスを迎えることがあります。漫画雑誌で連載中にアニメ化され、漫画は継続して連載しているけれどアニメは先に終了というよくあるパターンです。通常、アニメ製作スタッフが漫画の原作家(漫画家)と打ち合わせをして、どのようにエンディングを迎えるか決めますが、漫画家が本誌連載で多忙の場合、アニメ製作スタッフが一任することも!後になって「なんだこの終わり方は!」とガッカリしないために、アニメ化を拒む漫画家もいるそうです。漫画家だけでなく、ファンにとっても、アニメのエンディング方法は気になるところです。大人気明治維新漫画の「るろうに剣心」は、アニメ専用のシリーズも方法されましたが、原作ファンにとってはイマイチの反響でした。一方、国民的漫画&アニメの「ドラゴンボール」は、原作が10年以上前に終了しているのにも関わらず、アニメ専用の新しいシリーズが復活しても多くのファンを魅了しています。それだけ、アニメ製作スタッフが原作に対するイメージ・尊厳を保ちファンを大事にしていることがうかがえます。

漫画よりアニメの方が人気の作品

Dick Thomas Johnson from Tokyo, Japan / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)

2006年にアニメ放送が開始された「銀魂」は、その独特な世界観がアニメーション技術と絶妙にマッチして、漫画より人気の作品です。ギャグ漫画として認知されている「銀魂」は、原作のテンションと毒のあるユーモアをそのままアニメで再現するために、特殊効果音や演技力の高い声優を起用しています。中でも主役坂田銀時を演じる杉田智和さんは、銀時のダークなギャグKY発言を見事に表現しています。キャラクター達が突然歌いだしたり体当たりするくだりは、断然アニメの方が面白みが増します。アニメ銀魂はシリーズ4まで放送され、アニメ映画のみでなく実写映画も公開されどちらも大人気に。キャラクターに実際の声が加わることで、より作風に勢いがついた漫画となりました。「進撃の巨人」も「銀魂」同様にアニメ化され大人気になった漫画のひとつですが、後に公開された実写映画は、原作と違いすぎるストーリー展開のため多くのファンから酷評を得ています。少しでも方向性を間違ってしまうと、ファンはすぐに離れていってしまうのが漫画とアニメ&映画化の難しいところです。